MENU

自信をもって笑えますか?前歯の詰め物の着色

カテゴリー:

タグ:

コンポジットレジン・ダイレクトボンディングすきっ歯ラバーダム防湿福岡・大濠公園・歯医者精密歯科治療・マイクロスコープ

こんにちは辻本デンタルオフィス院長の辻本です。

 

さて、今日は前歯の詰め物の着色について

前歯に限らず、詰め物に段差があると、その部分は磨くのが難しく、着色してきてしまいます。

また、歯の詰め物自体も少しずつ着色していく場合もあるので、それによって見た目が悪くなってしまう事が多いのです。

前歯の詰め物の着色

こちらの患者さんは前歯の見た目を気にされていました。

右上の3番目から左の1番目までが特に色が気になりますよね

このような状態だと、つい手で口元を覆ってしまったりと、なかなか口元を気にせず笑う事が出来ませんよね

さて、このような場合、どうするか

 

選択肢は3つあります。

①詰め物を外して詰め直す(ダイレクトボンディング)

②詰め物を外して付け爪のようなセラミックにする(ラミネートべニア)

前歯の詰め物が気になる。被せ物の色が気になる人へ | 福岡市中央区の歯医者・歯科なら大濠公園駅近くの辻本デンタルオフィスへ (tsujimoto-do.com)

③詰め物を外して、全体を削ってセラミックの冠にする(セラミッククラウン)

 

それぞれ、メリットデメリットがあります

①→③に行くに従い、歯が削る量が増えます

①は歯科医師の技量により仕上がりがかなり左右されます。再度の着色もあり得ます。

②、③は歯科医師の技量+歯科技工士の技量に左右されますが、①よりもきれいに仕上がる事も多いです。

 

まあ、ざっくりいうとこんな感じです。

費用的には①<②<③という感じです。

 

今回は①を選ばれました。

ダイレクトボンディング、ラバーダム防湿

ラバーダム防湿をしてダイレクトボンディングを行っていきます。

段差が無いように、色が合うようにと様々な苦労をしながら詰めていきます。

 

ダイレクトボンディング後のスマイル

ダイレクトボンディング後の状態です

広範囲に歯質がなくなっていましたが、無事きれいに詰める事ができました。

ダイレクトボンディング前ダイレクトボンディング後

ダイレクトボンディングの前後です。

かなり大きく変わりましたね。これなら自信をもって笑えると思います。

辻本デンタルオフィスでは、このような歯の治療も行っています。

治療費4本¥321,200

ご興味のある方はスタッフまたは、院長までお問い合わせください。

 

辻本デンタルオフィス 辻本真規

ページトップへPage top