MENU

審美治療
メタルフリー治療

審美治療のこだわり

01金属アレルギーを気にしないセラミック治療

セラミックは天然歯に近い白さと透明感があり、汚れの付きにくさや耐久性も良く、金属不使用でアレルギーも安心というメリットを持っています。
当院では詰め物や被せ物の治療として、セラミックをお選びいただけます。むし歯治療はもちろん、銀歯からの移行、変色した歯の復元など、さまざまな治療に応用できる歯科素材です

02長期的な美しさを保つ治療計画

セラミックの修復物を入れることは確かに審美性も高くなります。
しかし、一般的に被せ物を入れる際には大きく歯を削る必要があり、これは歯に掛かるダメージが大きくいずれは抜歯のリスクも出てくる可能性があります。
そこで歯を残すために、当院では出来るだけ歯を削る量を抑えるために低侵襲な治療(MI治療)とマイクロスコープを導入し、長期的に美しさを保つための治療を考えています。

03ダイレクトボンディングにも対応

従来の治療では歯を大きく削り、型取りをして詰め物や被せ物を作っていました。一方、ダイレクトボンディングであれば、治療が必要な箇所だけを最小限に削り、歯科用プラスチックのレジンを直接盛り付けられます。歯の色や形を短期間のうちに修復し、見た目の美しさや機能性を取り戻せるのです。
※歯を削る量が多い症例の場合は、別の治療法をご提案するときもあります。

ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディングとは

ダイレクトボンディングとは、治療が必要な歯に歯科用プラスチックのレジンを直接流し込み、特殊な光で固めて歯を修復する治療法です。
従来とは異なり、型取りをする必要がなく、削る量を最小限に抑えられます。前歯のすきっ歯を埋めたり、欠けた歯を元通りの形に復元したりなど、患者様のお悩みに合わせた治療のご案内が可能です。

保険診療のコンポジットレジンとの違い

主に材料、歯の形や色を整える工程にあります。ダイレクトボンディングでは、歯の色に合わせるだけなく立体的に整えて行くため数種類の材料を使用し、保険のコンポジットレジンに比べて審美的になります。

こんな方におすすめしています

  • 長年使っていた銀歯を白い歯にしたい方
  • すきっ歯でお悩みの方
  • 欠けた歯の形を綺麗に整えたい方
  • 健康な歯をできるだけ削らずにむし歯治療に取り組みたい方

ダイレクトボンディングのメリット・デメリット

メリット

  • 自然な白い歯の詰め物の処置ができます
  • 歯の隙間や形の補正ができます
  • 短期間で治療が終わります
  • 周囲の健康な歯を削ることがありません

デメリット

  • むし歯の範囲が大きすぎると適用できないケースがあります
  • 歯ぎしり・食いしばりが強い方で稀に欠けたり・割れたりする可能性がありますが、修復することが可能です。

小さな虫歯治療にはダイレクトボンディング

写真のように小さな虫歯治療の場合は、インレーやアンレーなどを装着すると虫歯になってしまった歯質だけでなく、健康な歯質まで切削し歯を形成しています。しかし、ダイレクトボンディングにすることで、虫歯になってしまった歯質だけを切削して、コンポジットレジンを詰めて歯を形成するため、必要以上に健康な歯を質を失わなくて済みます。

歯髄保存療法とダイレクトボンディング

虫歯治療で歯質を切削していく中で、歯髄(歯の神経や血管部分)が露出した場合、今までの多くが抜髄(歯髄を抜く事)となっていましたが、当院では健康な歯髄が残っているのか診査・診断を行った上で、MTAセメントを使用し歯髄保存を行います。その際の切削量の範囲が少ない場合は、詰め物としてダイレクトボンディングを活用しております。

大きく欠けた歯の修復のダイレクトボンディング

写真は前歯が不慮の事故で大きく欠けた歯をダイレクトボンディングにて修復した物になります。このように歯が欠けた状態によってはダイレクトボンディングで修復が可能となります。ダイレクトボンディングが適用されない場合は、部分的な被せ物(オーバレイ)か被せ物(クラウン)で修復を行います。

セラミック治療

人体との親和性の高いセラミック素材

セラミックは人体に優しい素材です。金属を一切含んでおらず、金属アレルギーをお持ちの患者様も安心してご利用いただけます。従来の治療では銀歯が一般的に使用されていましたが、経年劣化によって金属イオンが溶け出し、体内への蓄積や歯ぐきを変色させ、歯科金属アレルギーの発症リスクを高める恐れがありました。セラミックであればそのような心配もなく、見た目の自然な美しさや機能を長期間にわたって維持できます。治療後の見た目や体に優しい歯科治療をご希望の患者様は、ぜひご相談ください。

こんな方におすすめしています

  • 銀歯よりも体にやさしい素材をご希望の方
  • 金属アレルギーでお悩みの方
  • 天然歯に近い詰め物や被せ物にしたい方

セラミック治療のメリット・デメリット

メリット

  • 生体親和性が高く、金属アレルギーのリスクがない
  • 汚れや傷が付きにくく、劣化しにくい
  • 天然歯に近い白さと透明感のある詰め物や被せ物の製作が可能

デメリット

  • 口の中にある修復物に強い衝撃が加わると破折する恐れがあります
  • 強度はありますが、奥歯の噛みしめの癖が強い方にはマウスピースなどをご提案する場合があります

ダイレクトボンディングでは対応できない場合の第一選択

部分的な被せ物(オーバーレイ)

当院では、ダイレクトボンディングで歯の修復が難しいと判断した場合、第一選択として部分的な被せ物(オーバーレイ)を使用しています。エナメル質や象牙質を大きく切削するクラウンに比べて歯を切削する量を少なくすることができるためです。

虫歯で大きく歯を失った場合

被せ物(クラウン)

当院では、虫歯で大きく歯質を失っている場合はクラウンを使用しています。クラウンには、オールセラミッククラウン、フルジルコニアクラウン、オールセラミックジルコニアレイヤリングの3種類があります。

詰め物・被せ物の種類

治療種類 治療費 ※税込み 特徴
ダイレクトボンディング 33,000円 ~ 88,000円 最も歯を削る量が少なくて審美的
ラミネートベニア 176,000円 歯の表面を最小限に削って前歯の形を変える事が出来る
部分的なセラミック 132,000円 ~ 165,000円 クラウンに比べて歯を削る量がかなり少ない
オールセラミッククラウン(e-max) 220,000円 歯を削る量は多いが審美的

お悩み別の審美治療

Case 01詰め物や被せ物と歯の境目が汚れて目立つ

Q
セラミックインレーと歯の境目の汚れがあります。

赤丸を見て頂くとインレーと歯の境目に汚れがあることが分かるかと思います。劣化により、境目に汚れが付きやすい状態となっています。この汚れはセラミックインレーを接着する材料にレジンセメントを使用していることが要因の一つとなります。

A
部分的な被せ物(オーバレイ)で修復

当院ではレジンセメントは使用せずにコンポジットレジンを使用して、被せ物を装着します。コンポジットレジンを使用するにはいくつかの理由がありますが、装着後に適合面を研磨することによって境目が目立ちにくくなり審美的であり、清掃もしやすくなるためです。

写真の赤丸の歯と横の歯を見比べてみると違いがお分かりいただけます。

審美治療の症例

色が気になる歯の詰め物のやりなおし、ダイレクトボンディング

Before

After

年齢 40代
性別 男性
治療期間 2ヶ月
治療方法 ダイレクトボンディング治療
治療費用 約40万円
メリット ダイレクトボンディング治療は歯を削る量が最小限になり、自分の健康な歯を極力削ることなく治療できます。
また、治療は1回で終わります(複数本あれば複数回かかります)。
治療費をセラミック治療に比べて抑える事が出来ます。
ラバーダム防湿とマイクロスコープを使用することにより、段差がなくきれいに仕上げる事が可能です。
デメリット マイクロスコープを使用した精密な治療なので1回の治療時間は1時間から1時間半ほどかかります。
ダイレクトボンディングの出来は術者(歯科医師)の腕に完全に左右されます。
経年的に着色してくることがあります(軽度の着色は研磨したら取れます)
ページトップへPage top