MENU

ホワイトニング

ホワイトニングの種類

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは、歯科医師や歯科衛生士が歯科医院で施術を提供するホワイトニングです。歯科専用に作られた高濃度のホワイトニング剤を使用でき、歯に塗布した後に特殊な光を照射すると、表面や内側に沈着した着色成分を分解してくれます。1回の施術でも歯の白さを実感できる患者様も多く、時間をできるだけかけずに歯を白くしたい方や、人前に立つイベントなどが近く、お急ぎな方におすすめのホワイトニングです。

オフィスホワイトニングのメリットデメリット

メリット

  • 1回の施術でもホワイトニング効果を実感しやすい気軽さが魅力的
  • 施術は歯科医師や歯科衛生士が担当するので、色ムラが少ない仕上がりが期待できる
  • 万が一のトラブルもすぐに対応でき、適切な処置を提供できるので患者様も安心

デメリット

  • ホワイトニング剤の濃度が高く、施術中に歯がしみるときがある
  • 色戻りを防ぐには継続的な施術が必要
  • ホームホワイトニングに比べると治療費がやや割高

費用

  • 費用(初回)38,500円(税込)
  • 追加16,500円(税込)
  • 短期タッチアップ(6ヶ月以内、最大2回)16,500円(税込)
  • 長期タッチアップ(1年以内、最大2回)22,000円(税込)

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングとは、患者様ご自身がご自宅などで行っていただくホワイトニングです。歯型に合わせて作られた専用のマウスピースに薬剤を注入し、毎日一定の時間で装着していただきます。オフィスホワイトニングに比べると治療期間は長くなりますが、色戻りがしにくくご自身のペースでホワイトニングに取り組めます。

ホームホワイトニングのメリットデメリット

メリット

  • ご自宅でできるので通院が難しくてもホワイトニングができる
  • マウスピースは繰り返しの使用が可能なので、継続したメインテナンスも安心
  • オフィスホワイトニングに比べるとリーズナブルな費用で始められます
  • 色戻りしにくく歯の白さを維持しやすい

デメリット

  • 薬剤の濃度が抑えられているので、歯の白さを引き出すまで時間がかかります
  • マウスピースは一定時間の装着などの自己管理が求められます
  • 施術期間中や前後は着色しやすい食べ物や飲み物の摂取に注意が必要です

費用

  • 費用38,500円(税込)

ホワイトニングの流れ

  1. Step01

    カウンセリング

    歯の色のお悩みや、希望(どれくらい白くしたいか)、お口の中の状態を診査します。
    ※この時点でホワイトニングに適さない状態の場合は、他の治療をご提案します。

  2. Step02

    歯やお顔の写真を撮影

    術前の歯の色の状態、顔と歯の色のバランスを見ます。これにより術前、術後の変化がわかりやすくなります。

  3. Step03

    歯のクリーニング

    歯周病で歯石等が多量に付いている場合、先にクリーニングをしてからホワイトニングをすることをおすすめします。

  4. Step04

    知覚過敏抑制剤の浸透

    15~30分間知覚過敏抑制剤を浸透させます。これにより、術後の知覚過敏が出にくくなります。

  5. Step05

    ホワイトニング

    歯ぐきを保護し、ホワイトニング剤を塗って20分間で終了です。

  6. Step06

    色の確認

    白さが十分という場合はこの時点で終了です。

  7. Step07

    ホワイトニング(2回目)

    歯の負担を防ぎ、知覚過敏症状がなるべく出ないようにするため、1日で出来る回数は2回までになります。

  8. Step08

    完了

    この時点で白さに問題がなければ終了になります。ホームホワイトニングの場合は回数を重ねることで、好みの白さに整えていくことも可能です。

ホワイトニングの様子

ホワイトニングのお悩みはございませんか

Case 01前歯が黒いので白くしたい

Q
前歯1本の色が黒いので白くしたいけど、削らずに白くできるのか?

前歯が黒いので白くしたいけど、歯を削るのは極力避けたいけど白くできるのか知りたい。

A
当院からの提案

歯を削りたくないということでしたので、オフィスホワイトニングを行ない、黒い前歯を白くすることを提案しホワイトニング実施しました。 当院では、ホワイトニングの際もラバーダムを行ない、ホワイトニング剤が歯茎に付くこと防ぎながら治療を行ないます。

Case 02ホワイトニングのあとは汚れがつくか不安

Q
ホワイトニング後のアフターケアはどうしたらいいか

オフィスホワイトニングで、短期間で歯が白くなって良かったのですが、何かこのあとにしたほうがいいことがあるのか、何か注意しないといけないことがあるのかを知りたいです。

A
専用の薬剤でアフターケアを

ホワイトニングやPMTCの直後や逆に着色がしやすくなってしまう状態の時があります。
そこで歯の表面エナメル質をケアする「エナメルケア」などの薬剤を直後に塗布することで、汚れをつきにくくします。
またホワイトニング中は着色しやすい食べ物や飲み物の摂取を避けていただけると幸いです。
詳しくはスタッフまでご確認ください。

ページトップへPage top