MENU

矯正歯科

部分矯正(MTM)

部分矯正(MTM)の特徴

MTM(Minor Tooth Movement)とは、部分矯正の略称です。前歯のすきっ歯や数本のでこぼこした歯並びなど、気になる箇所に特化した矯正治療が可能です。一部の歯だけを動かすので治療期間も比較的短く、従来よりもリーズナブルな価格で治療に取り組めます。当院では歯並びや噛み合わせのバランスを考え、患者様に安心していただける矯正治療に取り組んでおります。

部分矯正(MTM)のメリット・デメリット

メリット

  • 気になる歯だけを矯正できます
  • 治療費を抑えた矯正治療が可能です
  • 比較的短期間の矯正治療が可能です
  • 痛みが少なく体への負担を減らせます

デメリット

  • 噛み合わせの問題がある場合は部分矯正が適していない可能性があります
  • 歯並びが悪く重症化しているときは従来の矯正治療をご案内します
  • 矯正のために歯をわずかに削る必要がある症例もあります

全顎治療

全顎治療とは

全顎治療とはお口の全体を診た治療法を考えることであり、フルマウスリコンストラクションとも呼ばれています。
例えば、むし歯治療後は被せ物や詰め物をしますが、局所的な治療にとどまらず、見た目の美しさや噛み合わせのバランス、顎関節の動きなど、患者様に適した治療法は何か?を常に考えた治療を行います。過去の治療経験やライフスタイルなどを考慮し、お口と体の健康を総合的に診断し、より患者様目線に立った治療を提供できるのが、全顎治療の大きな強みです。

なぜ全顎治療が重要なのか

お口の状態は常に変化しており、単にそのとき治療をするだけでは、痛みは改善できても後々で別のトラブルが生まれてしまう恐れがあります。全顎治療を通じて、お口全体の機能を見直し、噛み合わせのバランスを整えたり、健康維持に必要な歯科治療をご提案していくことでこのトラブルを防ぐことができます。もちろん当院の独断ではなく、患者様のご希望や意思を尊重した治療を大切にしておりますので、ご安心ください。

治療後もメインテナンスが必要です

治療で痛みやお悩みが改善しても、これまでと変わらない生活習慣を続けていると、また同じトラブルが起こってしまいます。
年齢を重ねるにつれ、特に歯周病を原因に歯を失ってしまう患者様も多くいらっしゃいます。いつまでもご自身の歯を維持して食事や会話を楽しむには、日々のセルフケアと歯科医院での定期的なメインテナンスが大切です。当院では歯のクリーニングやブラッシング指導などを通じて、ご自宅でも充実したセルフケアができるようにサポートしております。お口の健康をずっと守るためにも、治療後も継続した歯科医院のご来院をおすすめします。

全顎治療のメリット・デメリット

メリット

  • 過去の治療経験やライフスタイルに合わせた治療を受けられます
  • 患者様が気づいていない疾患が明らかになるケースもあります
  • 病気の早期発見・早期治療が期待できます

デメリット

  • 治療費がやや割高になります
  • 長期的な治療が必要です

お悩み別の矯正治療

Case 01むし歯で大きく歯質を失っているけど歯を残したい

Q
むし歯が歯肉の下まで達しているのですが、歯は残せますか?

写真の赤丸の歯はむし歯で大きく歯質を失っているのがお分かり頂けるかと思います。このような場合、抜歯になることが多いですが当院では部分矯正が適用できる場合、ご提案いたします。

A
部分矯正を行い、歯を保存

当院では、歯肉の下までむし歯が達している場合、むし歯の治療をした上でエクストルージョン法という部分矯正を行い歯の保存に取り組みます。エクストルージョン法は、大きく歯質を失ってしまっている歯の隣の歯にワイヤーを取付て、歯を上に引っ張り上げる矯正です。これを行なうことでクラウンを取り付ける事が可能となり、歯の保存が可能となります。

ページトップへPage top