MENU

予防処置

予防処置のこだわり

01日本顕微鏡歯科学会認定歯科衛生士が在籍

当院には日本顕微鏡歯科学会認定歯科衛生士が在籍しているため、精度の高い予防処置を施すことが可能です。例えば歯科医師が治療で使うマイクロスコープ(歯科用電子顕微鏡)を用いて、拡大視野下での歯のクリーニングを行い、肉眼だけでは取り切れない歯石まで取ることが可能です。
予防処置の際にはお口の中のこともお気軽にご相談ください。

02超音波を使った歯石除去へのこだわり

国内ではまだ導入の少ないマグネット方式の超音波チップで歯の表面を清掃しています。
これにより「音が静か」・「振動が少ない」・「痛みが少ない」歯石除去が実現できます。

03エナメルケア(歯質改善)

高濃度ハイドロキシアパタイト配合のペーストを歯に塗り込むことにより、歯質の改善が可能です。
通常の歯面清掃よりワンランク上のケアに繋がります。

マイクロスコープを使用した予防治療

精度の高い歯のクリーニングの提供

当院では歯科衛生士もマイクロスコープを使用し、精密さにこだわったスケーリングで歯のクリーニングが可能です。
歯石は奥歯の裏側や歯周ポケット付近など、歯科用ルーペでも見落としがちになることもあり、患部を大きく拡大できるマイクロスコープを用いて、取り残しのない治療を大切にしています。クリーニングを通じてお口の中の細菌量を減らし、むし歯や歯周病になりにくい状態をめざします。

歯科衛生士のこだわりの予防プログラム

クリーニングに関しては日本顕微鏡歯科学会認定歯科衛生士により考えられた、こだわりの予防プログラムを提供しています。クリーニングと合わせ、予防診断を行っていますので、何かの異常を発見した場合には患者様へご報告し、治療提案も可能です。

当院の予防処置について

ご自宅で行うセルフケアと、歯科医院で行うプロフェッショナルケアの両方に取り組むことが、歯の健康を守るには大切だと考えています。
当院ではむし歯・歯周病の原因となる歯垢や歯石の徹底した除去、歯質を強化するフッ素塗布、ブラッシング指導など、予防に向けたさまざまなプランをご提供しております。
以下のようなプロフェッショナルケアを通じて、患者様のお口の健康を一人ひとりに合わせてサポートしておりますので、ぜひ定期的にご利用ください。

当院の予防処置について

  • PMTC(歯のクリーニング)

    専用の薬剤と器具を使用し、歯垢や歯石、ステインやヤニなど、歯に付着した汚れを隅々まで丁寧に除去する総合的なお口のクリーニングです。治療後は細菌が付着しにくい状態を維持でき、むし歯・歯周病予防に有効です。

  • ブラッシング指導

    自己流の歯みがきは磨き残しが増えて、むし歯を引き起こす原因になります。ブラッシング指導を通じて正しい歯の磨き方をアドバイスし、ご自宅でも実践できるようにサポートいたします。ケア用品の選び方や使い方もお任せください。

  • フッ素塗布

    フッ素に含まれる有効成分には、歯質を強化して再石灰化を促進しする効果が期待できます。塗布による効果は永続的ではないため、継続したご利用が長期的なむし歯予防につながります。

  • 食生活習慣改善のアドバイス

    飲酒や喫煙、食生活など、生活習慣がお口の健康を大きく左右するときもあります。現在のライフスタイルを細かくお伺いした後は、改善できる習慣のご案内や実践をめざします。二人三脚のサポートを大切にしておりますので、より健康的な毎日をお過ごしいただけるように一緒に頑張りましょう。

エナメルケア

歯のクリーニングの後は実はそのままだと着色や汚れが付きやすい状態になっています。
そこで歯の表面に高濃度ハイドロキシアパタイト配合のペーストを歯に塗布することで、歯を強くすることが可能です。

お悩み別の予防処置

Case 01歯磨きは毎食後に必ずやっている

Q
自分の歯磨きだけではダメなのでしょうか?

ご自宅で行うセルフケアだけですと、磨き残しが起きたり、歯ぐきの中までお掃除が出来ないために歯石が出来てしまったり、虫歯や歯周病になる要因となってしまいます。

A
定期メインテナンスをおすすめいたします
汚れの染め出し、デンタルフロス
歯間ブラシ
歯ブラシ

当クリニックのメインテナンスでは、汚れを確認するために染め出しを行い、マイクロスコープ下でデンタルフロスや歯間ブラシ、歯ブラシを使用します。メインテナンス風景を動画で撮影し記録を残し、患者様が歯のどの部分が磨き残しやすいのか、どのようにお掃除をすると磨けるのかをお教えしております。それと同時にマイクロスコープで、歯にひび割れが無いのか、小さな虫歯が出来ていないのか、歯茎の中に歯石が無いのか、細かく確認させていただきます。

ページトップへPage top