MENU

症例紹介

カテゴリー:

審美治療

前歯の詰め物が気になる。被せ物の色が気になる人へ

Before

After

症例情報

年齢 20代
性別 女性
治療期間 約4ヶ月
治療方法 右上2番根管治療および、オールセラミッククラウン、左右1番ラミネートべニア
治療費用 右上2番根管治療~オールセラミッククラウン約40万、左右ラミネートべニア約17万×2
メリット 保険の冠は着色しやすく、長期的に見るとデメリットが多いです。オールセラミッククラウンに変える事により、美しくすることが出来ます。
左右1番もオールセラミッククラウンにしてもよかったのですが、なるべく歯を削らないようにするためにラミネートべニアにしました。歯がしみてくるリスクや、歯質の保存をこちらの方が出来ます。
デメリット ラミネートべニアは、きちんとした接着をしないと取れてくる可能性があります。歯が残っている部分が多いため、虫歯などは引き続き気をつけないと、自分の歯の残っている部分からなってきますので、ケアもしっかりすることが大切です。

治療詳細

  • 術前

    右上の2番目の歯は元々保険の冠が入っており、歯並びが他の歯に比べて元の位置が後ろにありました。また、冠に着色してきており、色が悪いのが分かります。歯茎と冠の縁も合わなくなってきています。左右1番は歯の間に裏側から大きな詰め物がしてありました。右上1番目は少し歯が捻転(ねじれている事)しており、左右の歯のバランスが悪いため、気になるとの事でした。

  • 歯肉のバランスの診査

    右上1が捻転しているため、歯茎のバランスも悪い状態でした。笑うと歯茎がほとんど見えない方はあまり気になりませんが、この方は見えるので、この部分も調整する必要があります。

  • 歯肉のバランスの改善

    最終的な状態を見ると歯肉のバランス、歯のバランスが改善されている事が分かります。

ページトップへPage top