MENU

症例紹介

カテゴリー:

審美治療

被せ物をしている歯の間が詰まる。銀歯をセラミックへ

Before

After

症例情報

年齢 70代
性別 男性
治療期間 1か月(3回)
治療方法 保険の銀歯を外し、セラミックの部分的な冠(オーバーレイ)を作りセットしました。
治療費用 168300円(税込み)
メリット 最小限に歯を削って部分的に修復するため、全体を削るクラウンと比べて歯を削る量が少なくて済みます。
神経がダメになりにくいです。
デメリット セラミックなので、割れる可能性があります。精度の高い治療でないときれいに仕上がりません。。

治療詳細

  • 初診時の口腔内の状態

    下の奥歯が全体的に保険の銀歯が入っています。

  • 銀歯を外して削り終わった状態

    銀歯を外して歯を最小限に削ります。

  • ラバーダム防湿をしてセット

    ラバーダム防湿をして、最大限接着力が出るようにして冠をセットしていきます。

  • セット直後の状態

    セット直後の状態。きれいに入っています。

  • セット直後の状態

    セット直後の状態。きれいに入っています。舌側から見た状態です。

  • セット後しばらくたった状態

    特に問題なく経過しています

  • セット後しばらくたった状態

    冠との境目も分からない位きれいに入っています。

ページトップへPage top