MENU

症例紹介

カテゴリー:

審美治療

合っていない部分的な銀歯(インレー)と虫歯がある歯を部分的なセラミックへ

Before

After

症例情報

年齢 70代
性別 男性
治療期間 1か月(3回)
治療方法 保険の銀歯を外し、セラミックの部分的な冠(オーバーレイ)を作りセットしました。
治療費用 168300円(税込み)
メリット 最小限に歯を削って部分的に修復するため、全体を削るクラウンと比べて歯を削る量が少なくて済みます。
神経がダメになりにくいです。
デメリット セラミックなので、割れる可能性があります。精度の高い治療でないときれいに仕上がりません。。

治療詳細

  • 銀歯を外して削った後

    部分的な銀歯、歯と歯茎の間の詰め物を外して手前の歯との間の虫歯を取りました。歯の内側(象牙質)はコーティングをしています。

  • 削った後の舌側から見た状態です

    部分的な銀歯、歯と歯茎の間の詰め物を外して手前の歯との間の虫歯を取りました。歯の内側(象牙質)はコーティングをしています。

  • 部分的なセラミックのセット前

    ラバーダム防湿をしてセットをしてきます。

  • セラミックのセット直後

    セラミックのセット直後の状態です。この後咬み合わせを調整します。

  • 嚙み合わせの調整後

    セット後、咬み合せの調整が終わって研磨した状態です。

  • セット後の状態

    舌側から見た状態です

  • セット後しばらくたった状態

    段差もなくきれいに入っています。

  • セット後しばらくたった状態

    かみ合せの面から見た状態です

ページトップへPage top