MENU

あなたの歯茎の中にも歯石の取り残しがいっぱい⁈

カテゴリー:

タグ:

マイクロスコープメインテナンス・定期健診歯科衛生士

こんにちは〜歯科衛生士のNです!

私が当院に入職して9ヶ月が経ちます。ここに就職する前は別の歯医者さんで働いてましたが、そこではマイクロスコープは先生が使うもので、私達歯科衛生士は歯石取りに使ったりはしてませんでした。歯石取りは肉眼か、先生から貸してもらったルーペを使うぐらいで、「よしよし、今日もいっぱい歯石取れたな!」なんて思ってたんです。

ここに入職してマイクロスコープを使って歯石取りをした時、私は愕然としました。

「今まで歯石取りでは全然取れてなかったんだ…。こんな所にも歯石ってついてたんだ!肉眼じゃそりゃ無理だ…。」となりました。

下の写真は左上一番奥の歯を見ている肉眼の視点です。歯肉の溝の中なんて見えないですね…歯肉の溝の中にある歯石見つけるのはかなり困難です。

ルーペを使うとこれよりももっと拡大して見えるので「おお!肉眼より見える!いいなぁルーペ!」って思います。それにしても歯って小さいですね。こんな小さい歯があるお口を扱う私達歯科医療従事者…。肉眼だけだと目が疲れた…目がシバシバしてきたもう限界…ってなってました。

では、次にマイクロスコープを使って、実際に患者さんの左上一番奥の歯の歯石取りをしている時に見てるところです。(患者さんに掲載の了承はいただいてます。)

どうですか⁈肉眼視点の時と全っ然見え方違いますよね(°▽°)PCモニターを撮影した画像なので画質が良くないですし、肉眼視点が模型でマイクロ視点は患者さんの口腔内というあまりいい比較写真と言えないですが…肉眼視点との差はお分かりいただけるかと思います。うんと歯が大きく見えますよね!

白くてガサガサしたのは歯石です。いっぱいガサガサしてますね。

先程と同じ患者さんの歯で、別角度から見た左上一番奥の歯です。白と黒っぽい緑色のポチッとしたのが歯石です。この歯石、すごく硬くておそらく長年この場所にあったんではないかなと思われます…。この歯石は歯肉の溝を上から覗くように見ないと発見できませんでした(><;)

あんなに小さな歯をこんなに大きくして見ることができて、しかもこんな隠れた歯石まで「見て」取れるんですよ〜₍₍ (ง ˙ ꒳ ˙ )ว ⁾⁾

しかも、歯石を取ってる様子は録画してますので、終わった後に動画を患者さんと一緒に見ることもできるんですよ( ˘ ˘ )

「ほう、歯がこんななってて、こんな事をしていたのか…!」って動画で見れるのって面白いですよ…|・ω・´))フフフ

ではでは、今日はこの辺で失礼いたします。

ページトップへPage top