MENU

今日は、痛みが取れない!終わらない!根の治療の疑問に答えます⑩

カテゴリー:

タグ:

ラバーダム防湿根管治療・マイクロエンド・歯内療法歯から膿が出てくる歯ぐきが腫れる福岡・大濠公園・歯医者

皆さんこんにちは、辻本デンタルオフィス院長の辻本です。

さて、今日は久しぶりのこのシリーズ!①~⑨まで色々答えていきましたが、シリーズ再開です。

うちのブログが一番見られているのが、実はこのシリーズなんですね~

 

今日は、痛みが取れない!終わらない!根の治療の疑問に答えます⑩

検索ワード上位に来る疑問にお答えします

うちで良く検索されているワードは

根管治療 膿 臭い

根管治療 痛み取れない

根管治療 臭い

根管治療 薬 臭い

歯 詰め物 薬臭い いつまで

根管開放 臭い

根管治療中 臭い

 

などなのですが、とにかく皆さん臭いんですね!!!

 

わかりました

その理由をお答えしましょう。

その前に動画を見てみてください

根管治療中歯に穴が!!膿が!! – YouTube

 

まず、根っこの中を見ると非常に黒くて汚いですね

適切な処置が行われていないと(ラバーダム防湿をしたり、土台を入れる時にきれいな状態で操作をする事も大事)歯の中で細菌が増殖した状態になります

 

この状態では、細菌が出したガスなどで腐敗臭がします。

生ごみを想像してもらうと分かりやすいですが、そのまま放置していたら細菌が増えて腐って、臭いにおいがしますよね?

歯の中でこれと同じことが起こっていると思っていただければ良いです。

 

これを解決するにはどうするか?

 

単純です

 

根の中の生ごみ、細菌を無くせばいいのです。

生ごみは多くの場合、最初の治療の時に取り残した神経のカスです。

つまり

 

神経を取るときの治療がすごい大事って事

ここで、ちゃんとした医院で処置をしてもらわないと、その後悪くなる可能性が高いんですよ

しかも、虫歯が深くて神経に近くてもちゃんとした医院では、神経を残してくれる可能性が高い!

そもそも神経を取らなくても良い可能性が高いわけです。

歯の神経を抜く治療、なぜ半数がトラブル? | ヨミドクター(読売新聞) (yomiuri.co.jp)

 

 

以前も紹介しましたが、こちらも合わせて読んでいただきたい記事です

 

そして、生ごみ(神経のカス)があっても細菌がいなければ腐敗は起こらないので

細菌をとにかく減らすことが大事なのです!

これについてはまた次回!

皆さん、根の治療はちゃんとした医院を選びましょう!

自費でやった方がいいですよ

 

辻本デンタルオフィス 辻本真規

 

ページトップへPage top