MENU

痛みが取れない!終わらない!根の治療の疑問に答えます第7回目

カテゴリー:

タグ:

根管治療・マイクロエンド・歯内療法歯から膿が出てくる歯ぐきが腫れる福岡・大濠公園・歯医者精密歯科治療・マイクロスコープ

こんにちは辻本デンタルオフィス院長の辻本です

 

さて今日は、痛みが取れない!終わらない!根の治療の疑問に答えます第7回目

 

今回は専門的な治療と一般的な治療の違いの続きです!

 

ラバーダム防湿の使用 隔壁の作成 Ni-Ti file

使用

マイクロスコープの使用 使う薬の種類 仮の蓋の種類 治療時間 治療回数
一般的な

根管治療

使用しない しない 使用しない しない ホルマリン系(発がん性の危険性有) 下手するとストッピング or

水硬性セメント

15~30分 5回~

(あくまで目安です)

専門的な

根管治療

使用する する 使用する する 水酸化カルシウム製剤 水硬性セメント or 歯質接着性セメント 60~90分 1~3回

(難治性の場合もっとかかることも)

 

前回は、Ni-Ti fileの使用までお話しましたが

今回はマイクロスコープの使用の有無から!

マイクロスコープ、歯内療法、精密治療、辻本デンタルオフィス

さて、こちらが当院に2台あるマイクロスコープのうちの一台です

マイクロスコープ(歯科用実体顕微鏡)は、2.5~22倍くらいまで拡大をすることが出来ます

それにより、歯の細部を見ることが出来、細かな治療や、肉眼では治療不可能だった事まで出来るようになります。

特に根の治療には効果を発揮します!

 

この動画のように根の中をしっかり見て処置することで、治療の成功率を上げてくれます。

 

マイクロスコープをきちんと使っている先生は、皆マイクロスコープ無じゃ治療できないといいます

それだけ、マイクロスコープを使用した治療というのは違うのです!

 

 

辻本デンタルオフィス 辻本真規

 

 

 

 

辻本デンタルオフィス 辻本真規

ページトップへPage top