MENU

歯がしみる!虫歯?それとも知覚過敏?⑥

カテゴリー:

タグ:

かみ合わせ歯がしみる・知覚過敏歯のくいしばり福岡・大濠公園・歯医者

皆さんこんにちは、辻本デンタルオフィス院長の辻本です。

 

いよいよこのシリーズも最終回!

 

「TCHをなくして、歯を守るためにやって欲しいこと3つ!」

①舌を正しい位置に

②歯をくっつけないように意識する

③あいうべ体操をする

 

 

今日は3つ目のあいうべ体操をする!です

あいうべ体操って聞いたことありますか?

テレビや雑誌なんかでも取り上げられることがあるのですが、

 

この体操、同じ福岡の博多駅で開業している医者の今井先生が考えた方法なのです!

HOME

https://www.youtube.com/channel/UCMqC7fyj9LYNThONAcGFm0Q

 

今井先生の医院のHP、Youtubeは↑こちら

 

今井先生の動画を見て勉強するのが一番なのですが

 

このあいうべ体操というのは、口元、べろの筋肉を鍛えるためのものです!

口が開いている人は口の周りのドーナッツ状の筋肉、口輪筋が弱くなっています!

そのため口が開いちゃうんですね

 

そして、①でお話した内容の低位舌、これはベロの筋肉が弱くなってます。

そこを体操で筋力をつけて、正しい位置にするようにするのです!

 

 

あいうべ体操は

あー 口を大きくあける

いー 口角を思いっきり引く

うー 口を思いっきりすぼめる

べー べろを根元が痛くなるくらい出す

を1つ1秒ずつ位、あいうべーで1セット、1日30セットを目標にやります!

 

筋トレと同じですからすぐには成果はでません、最低でも一ヶ月!

 

ルーティーンに出来るように、湯船につかったらやる、トイレに行ったらやるなど、

自分でルールを決めて取り組みましょう!

 

さて、これまでお話した③をしっかり実践し、歯に無駄な力を加えないようにし、知覚過敏などにならないように、歯の食いしばりなどで自分の歯を壊さないように健康を保ちましょう!

 

次回は、お口にまつわるお金の話をします!

 

辻本デンタルオフィス 辻本真規

ページトップへPage top