MENU

歯がしみる!虫歯?それとも知覚過敏?⑤

カテゴリー:

タグ:

かみ合わせ歯がしみる・知覚過敏歯のくいしばり福岡・大濠公園・歯医者

皆さんこんにちは、辻本デンタルオフィス院長の辻本です。

 

涼しくなったと思ったら暑くなったりと、なかなか気温が安定しませんね

風邪をひかないように皆さんもお気をつけ下さい。

 

さて、前回からの続きです!

 

「TCHをなくして、歯を守るためにやって欲しいこと3つ!」

①舌を正しい位置に

②歯をくっつけないように意識する

③あいうべ体操をする

 

 

今日は2つ目の歯をくっつけないように意識するです!

 

前回書いた①舌を正しい位置にするを実践すると実は歯はあまりくっつかなくなります。舌が上あごに吸い付いている状態で下あごを支え、歯の隙間が開くのが普通です!

 

しかし、気を抜いたら舌が下がってしまう。という人が多いと思うのでもう1手!

 

まず、どんな時に歯がくっついているか

①常にくっついている

②何かに集中している時にくっついている

 

さて、皆さんどうでしょう?

 

①の方!! まずいです!ものすごく力が入っています

②の方!! 自分でどんな時に歯が触れているのか把握しましょう、多いのは、スマホを見ているとき、PCを操作しているときなど、少し下を向いているときといわれています。

 

では、対処法の発表です!

 

①まずは歯が触れないように意識する

でも忘れちゃうと思うので、②付箋に歯を離す!と書いて、目のつくところに貼る!!

 

付箋はちょっと・・・という方、歯のプリントされたシールでもOK!

 

これを見るたびに歯を離すことを思い出して、頭に「歯を離す」、「歯を離す」と刷り込んでください!これを認知行動療法といいます。

 

さて、これで②が終わりました。次回は一番大事な③!!!この三つを実践して歯の食いしばりを減らして歯を守りましょう!!

 

 

辻本デンタルオフィス 辻本真規

 

 

 

ページトップへPage top