MENU

歯の治療が原因で他の病気が悪くなる!? 歯の治療と全身疾患のお話

カテゴリー:

タグ:

根管治療・マイクロエンド・歯内療法歯周病病巣感染福岡・大濠公園・歯医者

皆さんこんにちは、辻本デンタルオフィス院長の辻本です

 

お盆も終わり、昨日からお仕事という方も多いのではないでしょうか?

辻本デンタルオフィスも昨日から診療を再開しております。

 

私は2泊3日でこの前まで住んでいた長崎に行ってきました。

長崎の友達や長崎大学の後輩達と食事をしたり、長崎大学病院に顔を出して、研修医に色々治療の話などをしてきました

もう大学の先生ではないですが進路相談に乗ったりもしました笑

 

さて、今日は歯科治療と全身疾患の話です

よく歯科医院でも言われるのが、

 

「歯周病と糖尿病が関連しますよ」

 

ということ

 

しかし、今回はちょっと違う切り口です

 

辻本デンタルオフィス院長である私の一番の武器はマイクロスコープと根管治療(歯の根の治療)です

 

この根の治療

ようやくブログに登場根の治療の話(歯の神経の治療)

先日ブログにも書いた根管治療のはなし

動画にある状態のようになってしまうと…

 

歯の根の中が感染して、根の先に病気(根尖病変)

が出来てしまうことがあります。

これは、歯の神経が死んでしまい根の先の骨の中まで炎症が及んでしまう状態!

または、歯の神経をとる治療をしたけど、治療が失敗した場合!(治療が下手だった場合と、二次的な要因の場合があります)

 

このような時に、神経の治療をしていくわけですが・・・

 

症状がなくてもそういう状態になっちゃって

いるってしってました!?

これは前歯のレントゲン写真ですが…

左上の2番目の歯に大きな病変が出来てしまっています

この線の部分です、他よりもこの部分が黒くなっているのが分かるでしょうか?

この部分は炎症によって骨がなくなっているのです

 

こういう根尖病変や歯周病など、急性の痛みがない炎症を慢性炎症といいますが、これが問題です…

このような慢性炎症が体にあると全身に色々と問題を起こすことがあるんですね

 

↓は 日本病巣疾患研究会のHPですが、非常に良くまとまっています

 

歯性病巣疾患

このように歯科治療をしっかり受けないと、慢性炎症があるままで、問題を起こすことがあります

症状はなくても、しっかり治療を受ける必要性があるのです!!!

 

そして、もう一つ気をつけたいのが口呼吸!!

 

これについては、また明日書きますね

 

辻本デンタルオフィス 辻本真規

ページトップへPage top