MENU

ようやくブログに登場根の治療の話(歯の神経の治療)

カテゴリー:

タグ:

ラバーダム防湿精密歯科治療・マイクロスコープ

だいぶ暑さも和らぎ、朝晩は過ごしやすくなってきましたね

辻本デンタルオフィス院長の辻本です

 

さて、今日は根管治療の話です

根管治療というのは、歯の根の治療のことです

 

ブログをご覧いただいている皆さんも

「むし歯が深いので歯の神経を取らないといけませんね」、「根の治療をしますね」

 

と歯医者さんで言われたことがありませんか?

 

これが根管治療です

 

根管治療には色々種類がありますが、簡単に言うと

歯の神経をとる→抜髄

歯の神経が死んで中が化膿している→感染根管治療

以前歯の神経の治療をしたが、そこが悪くなっている→再根管治療

となります

 

上二つをイニシャルトリートメント、一番下をリトリートメント

とも言います

 

ここで大事なのが!

「歯の神経はとらないに越したことはない」

ということです…

 

世界的に有名な論文でいうと

イニシャルトリートメントの治療成績

90%以上

リトリートメント

60~70%位

 

こんなに違います!

 

残念ながら日本の根管治療は世界的に見ても激安で、そのくせ治療器具は多くて高いため、しっかり取り組む先生が少ない…

再治療どころか再々治療、再々々治療…なんて事も

再治療を何回もしていると歯が薄くなって割れて抜歯…ということが多くなり、

きちっとした治療を最初から受けることをお勧めします。

 

しかーし、ここ数年この根管治療がブーム!!(キター)

根管治療に関する本がめちゃくちゃ発売されています!

 

院長紹介のページにも書いてありますが、そのうち何冊か一部を書かせていただいております

そこで今回は根管治療ってこんなことをやっているんだよ

という動画をご覧いただきます

いかがだったでしょうか?

 

ちなみにこの治療はラバーダム防湿をちゃんとして、マイクロスコープで治療をしているため

このようにきちんと治療が出来ます

 

一般的な医院では肉眼で、ラバーダム防湿をしない治療が日本ではほとんどです。

いくら高いセラミックの冠を入れても、根管治療がしっかりしていないとその冠をはずして、再治療になってしまいます。

 

そうならないように、しっかりした根管治療をしてくれる歯科医院を探すというのも大事です

辻本デンタルオフィスでは、他院からの根管治療の依頼、ご相談も受け付けております。

よろしくお願いいたします。

 

辻本デンタルオフィス 辻本真規

 

 

ページトップへPage top