MENU

EXTRO 300 へフラッシュ付けたい!!と思っている先生へ

カテゴリー:

タグ:

根管治療・マイクロエンド・歯内療法精密歯科治療・マイクロスコープ

こんにちは、辻本デンタルオフィスの辻本です

 

皆さん四連休はいかがお過ごしだったでしょうか?

日曜日には熊本の歯科技工士でプロカメラマンの岩崎さんをお招きして、カメラのセミナーを

していただきました。

 

カメラは奥が深いが面白いですね!

さて、今日は歯科医師向けの内容です

 

当院ではカールツァイス社のEXTARO300を使用しています。

そこにソニーα7Ⅲをつけて、動画や静止画の記録、そのほか一眼レフカメラで口腔内写真を撮影しています。

 

しかし、いつも悩みが!!

マイクロに付けたカメラをもっときれいに撮りたい!!!

どうしてもISO感度が上がってしまい、画質が劣化した写真になってしまうんですよね

そして、周辺減光が起きてしまう。

 

と、なるとやはりフラッシュを付けるほうがよいのか…しかし、某I〇フラッシュは100マン位するし…

 

どうにか安くできないもんか

 

と、思っていたら、岩崎さんのセミナー時付けられるじゃん!という事に

そこで、今回この問題で悩んでいる方も多いと思うので、情報公開

カメラの設定は自分でやってくださいね~~

 

まず用意するもの

カールツァイス純正レンズカバー いくらか忘れたが5000円もしないはず…

Kenko レンズフィルター62㎜ 5500円位

 

ニッシンデジタルのMF-18 45000円位

【新製品情報】MF18 ソニー用 発売のお知らせ

適当なワイヤー 200円

 

なんと!!!合計6万円以内で出来ちゃう!!

100万はむりっす…

 

マイクロスコープ、精密治療、マイクロエンド、根管治療、歯内療法

んて、まず、純正カバーを削って、瞬間接着剤でKenkoのフィルターをくっつけます

この時、フィルターの裏表を間違えないように!外側に、フィルター表面が来るようにします

 

そして、4か所ストレートハンドピースに細いフィッシャーバー付けて穴をあけます

で、そこに適当な長さのワイヤーを付ける

マイクロスコープ、精密治療、マイクロエンド、根管治療、歯内療法

MF-18に付属している62mのアダプターをフィルターに付けまして

マイクロスコープ、精密治療、マイクロエンド、根管治療、歯内療法

リングフラッシュを付けます

マイクロスコープ、精密治療、マイクロエンド、根管治療、歯内療法

フラッシュの重さで落ちちゃうんで、ワイヤーを倍率ダイヤルの所にかければ完成!!

マイクロスコープ、精密治療、マイクロエンド、根管治療、歯内療法 マイクロスコープ、精密治療、マイクロエンド、根管治療、歯内療法

写真を比べるとよくわかります。

左は色々考えて頑張って設定した写真、右はフラッシュ

模型の透明感や周囲の明るさが全然違います

 

ただ、デメリットも!

フラッシュ分本体が重くなるので、動きが悪くなります。

また、ドレープする場合、フラッシュ部分は出てしまう

モラーも少し硬めに設定しないと、フラッシュのケーブルに引かれます

 

以上、マイクロにお安く付けるフラッシュの話でした!

 

辻本デンタルオフィス 辻本真規

ページトップへPage top