MENU

あなたも歯周病かも? 知らないと怖い歯周病の話

カテゴリー:

タグ:

歯ぐきが腫れる病巣感染福岡・大濠公園・歯医者

こんにちは辻本デンタルオフィス院長の辻本です

 

朝晩は涼しく、秋を感じる気候になってきましたね

季節の変わり目は、体調を崩しやすいので、皆さんお気をつけください

 

さて、今日は歯周病の話です!

 

歯周病

 

皆さんも一度はCMとかで聞いたことがあるのではないでしょうか?

昔は歯槽膿漏とか言いました

 

この歯周病、なんとギネスも認定する世界で一番かかっている人が多い病気です!

日本人の成人も8割は歯周病にかかっていると言われています

 

 

 

でも、歯周病ってどんな病気!?わらかない人がほとんどだと思います。

 

簡単に言うと

 

「歯を支えている骨が炎症でなくなっていき、最終的には歯がぐらぐらになって抜ける」

 

そんな病気です

 

歯が抜けたらたいへーん!!

と皆さん思うかもしれませんが、この病気の恐ろしいところは…

ひどくなるまで、なかなか気がつかない

 

 

これは高血圧や糖尿病と似ています

よくこれらをサイレントキラーといいます。

 

これといった自覚症状がなく、危険を自覚しないまま放置され、知らないうちに進行し、ある日突然命にかかわる状態となり、初めて事の重大さに気づく病気のことです。

 

歯周病では命に直接はかかわらないかもしれませんが、自覚症状がなく、放置され、ある日、歯を抜かないといけない状態になる…

サイレントキラーと同じですね

 

 

そして、もう一つ共通するのが…

どれも生活習慣病だということ

 

メタボリックドミノという言葉がありますが、生活習慣の乱れから、むし歯や歯周病、小さい病気から始まり、最終的には

命にかかわる病気へと健康な状態からドミノ倒しのように悪くなっていくことです

 

この写真の患者さんは30代の女性です

歯茎はひどく腫れて、歯石(歯ぐきと歯の境目に見えている黒いものは全て歯石です)も大量に付き、歯はぐらぐら

口臭もひどい状態です

 

 

このような状態になると、治療にはかなり期間を要します

しかし、結局、むし歯、歯周病も生活習慣病

歯ブラシを一生懸命やるのも大事ですが、生活習慣、特に食生活を見直すことからはじめないといけません

 

治療後2年以上経った状態です

歯周病,福岡市歯医者,辻本デンタルオフィス

歯ぐきの様子がだいぶ変わったのが分かると思います

最初の状態からするとかなり改善し、歯周病はほぼ治りました

 

 

しかーし、ここで注意が必要!!!!!

 

歯周病は治療して一旦治ったと思っても、同じ生活習慣、ブラッシングだと

また歯周病になります

 

当たり前ですよね!根本的に変わってなかったらまた病気になりますよね!

 

結局は歯科医院にかかるのが大事なのではなく、大事なのは、あなた自身が変わる事です

 

私たちは付いてしまった歯石を取ることや、生活習慣のアドバイスは出来ます

 

しかし、自分の健康を守るのはあなた自身

 

自分の生活習慣、もう一度見直してみませんか?

 

 

 

 

辻本デンタルオフィス 辻本真規

 

 

ページトップへPage top