MENU

銀歯の中はどうなってるの?後編

カテゴリー:

タグ:

ラバーダム防湿根管治療・マイクロエンド・歯内療法福岡・大濠公園・歯医者精密歯科治療・マイクロスコープ

こんにちは辻本デンタルオフィス院長の辻本です

昨日、一昨日に引き続き銀歯の中はどうなってるの?後編です

 

中編では根の中がきれいになるところまででしたが、今日は最終的な薬を入れるところまで!

歯の根の中は非常に複雑な形をしています

それをきれいにして、しっかり隙間なく薬を入れるのが重要です!

 

そして、先日この歯は最終的な冠が入りました!

 

流れとしては

銀歯、土台の除去

根の治療(再根管治療)

新しい土台を建てる

新しい冠が入る

となります。

今回入れたのはセラミックの冠です

 

冠を入れる前の状態です

冠を入れるときも極力ラバーダム防湿をし、しっかりとした手順を踏んで冠を着けていきます

 

 

セット後がこちらになります!

きれいに入りました~!!

辻本デンタルオフィスでは、うまい歯科技工士さんと組んでいますので、冠を入れるときの調整が少なくて楽です

 

しっかりした根の治療だけでも駄目、きれいな冠だけでも駄目なのが

この治療です

 

両方のクオリティーを高め、その後は患者さんのプラークコントロール、力のコントロールが重要になります!!!

 

辻本デンタルオフィス 辻本真規

 

ページトップへPage top