MENU

痛みが取れない!終わらない!根の治療の疑問に答えます④

カテゴリー:

タグ:

根管治療・マイクロエンド・歯内療法歯から膿が出てくる歯ぐきが腫れる福岡・大濠公園・歯医者精密歯科治療・マイクロスコープ

皆さんこんにちは、辻本デンタルオフィス院長の辻本です

最近バタバタしていて、あっという間に1週間が過ぎ去ってしまいます…

さて、痛みが取れない!終わらない!根の治療の疑問に答えますも4回目です

今日は普通の根の治療と、私の得意とするマイクロスコープを使用した根の治療の違いです

まず、根の治療をするときは何をしているか?

皆さん分かりませんよね?

歯の神経・歯ぐき・歯がえぐれている・歯がしみる

上の写真のように歯の中には神経が入っています

神経を取る治療の時には

神経をしっかりきれいに取り除いて、その空間を埋める!

というのが重要になります

この神経が入っている部分が感染してしまった場合には、

感染した部分をきれいに取り除いて、その空間を埋める!

というのが重要になります

しかし、歯の神経の入っている部分(根管)は非常に細かく、肉眼ではちゃんした治療をするのは難しいのです!

そこで大事なのがマイクロスコープ(歯科用実体顕微鏡)による治療です!

根管治療,マイクロスコープ

写真真ん中の私がのぞいている機械がマイクロスコープです

この機械により、最大約22倍まで拡大して繊細な治療が行なえます。

実際にどう見えているか、動画で見てみましょう!

この治療は、歯の神経の治療が失敗していて、銀歯、土台を外し、根の再治療を行なったものです

使用している器具の先端は0.3mm以下だったりします

かなり繊細な治療なのです

この動画では8倍~13.5倍まで拡大して治療をしてます

肉眼では出来ないこともマイクロスコープを使用すると可能です

患者さんには治療後に動画をお見せして、今日どんな治療を行なったかを説明しています

皆さん今まで見たことがないので、「すごいですね~」、「細かいんですね!」、「はじめてみました!」

などと言っていただけます。

貴方もマイクロスープを使用した治療を受けてみませんか?

辻本デンタルオフィス 辻本真規

ページトップへPage top