MENU

久しぶりに治療のお話…保険の銀歯のやり変え、ダイレクトボンディング編

カテゴリー:

タグ:

コンポジットレジン・ダイレクトボンディングラバーダム防湿福岡・大濠公園・歯医者精密歯科治療・マイクロスコープ銀歯

こんにちは辻本デンタルオフィス院長の辻本です

さて、最近セミナーの話ばかりになっておりましたので、たまには治療のお話も

 

 

みなさんお口のなかに銀歯はありませんか?

 

歯と歯の間がむし歯になったとき、保険治療でよくやる治療が下の写真のような部分的な銀歯です

銀歯,詰めもの,ラバーダム防湿,コンポジットレジン,ダイレクトボンディング,マイクロスコープ,むし歯

これもちゃんとやれば悪い治療ではないのですが、色々と問題を起こすこともあります

この患者さんはこの銀歯のところがフロスしにくいということでした

さらに写真の左端の歯と次の歯の間にむし歯が出来てしまっていました

 

銀歯,詰めもの,ラバーダム防湿,コンポジットレジン,ダイレクトボンディング,マイクロスコープ,むし歯

銀歯を外して虫歯を取るとこんな感じ

左端の歯は写真ではむし歯がないように見えますが、実は写真では角度的に見えない歯の間が同じくむし歯でした

 

このような状態からどう治療するか、これは患者さんの希望や術者の技術、知識などによっても変わってきます

今回は全てダイレクトボンディングで行います

ダイレクトボンディングってなに?って思いますよね

 

ダイレクトボンディングは簡単に言うと歯の詰め物です。

それを防湿、接着、審美などいろいろ考慮して行うのがダイレクトボンディング、

一般的な名称で言うとレジン充填といいます

 

 

さて、そのダイレクトボンディング

実はかなり技術差がでる治療なんです

さて、辻本デンタルオフィスのダイレクトボンディングはというと

こんな感じ

銀歯,詰めもの,ラバーダム防湿,コンポジットレジン,ダイレクトボンディング,マイクロスコープ,むし歯銀歯,詰めもの,ラバーダム防湿,コンポジットレジン,ダイレクトボンディング,マイクロスコープ,むし歯

 

 

 

 

ビフォーアフター

銀歯,詰めもの,ラバーダム防湿,コンポジットレジン,ダイレクトボンディング,マイクロスコープ,むし歯銀歯,詰めもの,ラバーダム防湿,コンポジットレジン,ダイレクトボンディング,マイクロスコープ,むし歯

いかがでしょうか

ダイレクトボンディングに歯を削り、審美的に処置することにより、歯への侵襲を少なく出来ます

患者さんもフロスが通りやすくなり、快適になったようです

 

治療は自費治療になります

6番ダイレクトボンディング:60000yen+Tax

5番インレー除去+ダイレクトボンディング83000yen+Tax

4番インレー除去+ダイレクトボンディング63000yen+Tax

 

保険治療だと、いつの間にか銀歯になっていた

なんて事もあるようです。

歯科医院選びは大切です。

 

辻本デンタルオフィス 辻本真規

ページトップへPage top