MENU

歯がしみるなーと思って歯科医院に行ったら、神経を抜かないといけないと言われた

カテゴリー:

タグ:

歯がしみる・知覚過敏歯のくいしばり歯医者の選び方福岡・大濠公園・歯医者逆流性食道炎・酸蝕症、知覚過敏

こんにちは、辻本デンタルオフィス院長の辻本です。

今日は歯がしみると思って歯科医院にいったら神経を抜かないといけないと言われた場合に考えてほしい事をお話しします。

 

1.歯がしみる原因は?

2.本当に神経を抜かないといけないの?

3.神経を抜くメリット、デメリットは?

4.どんな歯科医院を選べばいいの?

 

 

 

1.歯がしみる原因は?

まず、歯がしみる原因には、主に虫歯や、知覚過敏があります。どちらも、歯の中にある神経(歯髄)が外からの刺激(冷たい物、温かいもの、甘い物)によって「しみる」となります。

歯がしみる

 

 

 

 

2.本当に神経を抜かないといけないの?

歯がしみる場合に神経を抜かないといけないと言われた経験があるという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

歯がしみる場合にはいくつか対処方があります。

虫歯の場合

①虫歯が神経まで達していない→虫歯の処置をしましょう。虫歯治療に関するコラムは↓

むし歯の治療・コンポジットレジン・ダイレクトボンディング | 福岡市中央区の歯医者・歯科なら大濠公園駅近くの辻本デンタルオフィスへ (tsujimoto-do.com)

 

②虫歯が神経まで達しているが、神経を残す事が出来る状態の場合→神経を保護する治療をします。(直接覆髄)

 

③虫歯が神経まで達していて、神経を残す事が出来ない状態→神経を取ります。

 

 

つまり、軽度の虫歯や、神経を残せるときは神経は取らないのです。通常しみる程度で神経を取る事は少なく、自発痛(何もしなくてもズキズキする)や、冷たい物、温かいものでしみたり、痛みが長く(1分以上)続く場合に神経を取らないといけない事が多いです。

 

知覚過敏の場合

①しみ止めの薬を塗る→歯がしみる原因となる、歯の内面(象牙質)の露出したところをコーディングします。様々な薬の種類があります。

②知覚過敏の原因が歯ぎしり、食いしばり、TCHの場合→マウスピースを使用したり、普段の癖の改善が必要です。

③酸蝕症(歯が溶けている)の場合→歯の内面が露出しているのが原因となるので、歯の被せ物や、生活習慣、飲料物の見直しが必要です。

 

知覚過敏の原因は多岐にわたります。きちんと全体を診てくれる歯科医院に通う必要があります。

このように歯の神経を抜かなくても良い場合が多い事が分かっていただけると思います。

 

3.神経を抜くメリット、デメリットは?

神経を取るメリットはあまりなく、デメリットは多岐にわたります。どうしても神経を取らないといけない時以外は取らない方が良いと思います。

根の治療に関しては↓に数回の連載でまとめてありますので、是非お読みください。

抜歯と言われたら・・・根の治療・神経の治療・根管治療・歯内療法・マイクロエンド | 福岡市中央区の歯医者・歯科なら大濠公園駅近くの辻本デンタルオフィスへ (tsujimoto-do.com)

 

神経はとにかく残すべし!しみるな、と思ったら早めに歯科医院に行きましょう。

 

 

4.どんな歯科医院を選べばいいの?

歯がしみて神経を取ると言われたら一度考えましょう!

自分の口の中全体の問題をしっかりと診てくれる医院を探してください。ただしみ止めを塗るだけでなく、原因がなんなのか説明してくれる医院、なるべく神経を保存してくれる医院がおすすめです。

 

さて、ここまで、知覚過敏に関するお話をしていきましたが、もっと詳しく知りたい方は、今までの知覚過敏、歯がしみる 関連のコラムをご参照ください。↓

福岡市中央区で歯がしみるとお悩みなら大濠公園にある辻本デンタルオフィスへ (tsujimoto-do.com)

Tel.092-791-2223
  • 初診Web予約
  • ※予約後、医院より確認のお電話を致します。
    • ご予約の際は、ご連絡がつながる番号を必ず記載ください。
    • 医院よりお電話でご連絡させて頂いた後、ご確認が取れ次第で予約完了となります。
    • 3日前までにこちらからの電話連絡が付かない場合、予約をキャンセルとさせていただきます。
  • 当院は以下の地域から幅広く、
    ご来院頂いております。
    福岡県、長崎県、佐賀県、熊本県、鹿児島県、
    山口県、東京都、福井県
ページトップへPage top